先輩社員からのメッセージ

Message

社会貢献を実感できる仕事です。

 当社は、公共交通機関と認識されている鉄道車両の整備や清掃という大切な仕事を通じて、社会的貢献を実感することのできる会社です。
 JR 東日本を利用されるお客様はみな、JR 東日本の電車が安全で、運行も正確、車内は清潔で快適であることを期待します。
 私達はそのような期待にお応えするために、全力で仕事に打ち込んでいます。
 当社には主に清掃業務・構内運転業務・車両メンテナンス業務があります。それぞれチャレンジできる環境があり、またその道を極めることもできます。
 同じ志を持ってくれる若い世代の方、グループの一員としてJR 東日本グループを盛り上げていきましょう。

構内運転業務担当者

列車運行を支える業務にやりがいを感じています。

​"message_maru.gif"

DATA

担当:構内運転業務
所属:我孫子事業所
役職:運転士兼整備係
入社:2013 年4 月1 日

​"img_shain.jpg"

主な業務内容

構内運転業務は、約24時間の泊り勤務が基本となっています。

  1. 出勤点呼
  2. 当日の作業確認
    作業計画書を確認し、自分が作業を行う車両の留置番線と車両番号の確認を行い、1日の流れを把握します。具体的には出区点検、連結、分割を行う車両の確認を行います。
  3. 出区点検
    本線での運転に支障がないか、定められた車両の点検を行います。 運転室周りの機器メーターやブレーキなどの機能をチェックします。
  4. 入換作業
    車両清掃を行うために車両基地内の洗浄線に車両を移動します。移動を行う時はポイントを切り替えて、信号機を操作する信号所の担当と連絡を取り合い、信号機にしたがって移動します。また車両の連結や分割作業を行う際には、誘導係と作業を行います。 安全運転のためには、信号所の担当、誘導係とのやり取りの復唱など、常にお互いに確認を行いながら作業を行うことが重要です。
  5. 夜の休憩
    夜間は休養室で仮眠休憩を取ります。
  6. 終了点呼

入社した動機

 私は縁の下の力持ち的な仕事で、物事を支えることにやりがいを感じていました。

転職サイトを見て、構内運転や車両メンテナンス、清掃など、お客さまに安全・安心・快適に列車をご利用していただいていることを知り、社会的使命の大きさを実感することのできる魅力的な仕事と思い、構内運転士候補採用募集に応募し、社員となりました。

 

現在の仕事

 我孫子駅と車両基地間の車両移動、車両基地内での車両移動を行う構内運転業務を行っています。これらの移動は、車両の清掃、メンテナンスを行い快適な車両をお客さまに提供するための業務です。

 この列車運行を支える業務を担っており、支障なく車両を送り出して定刻通りにお客さまにご利用していただくことにやりがいを感じております。

 img_tantousya_03

現在の仕事につくまで

 構内運転業務を行うには、国土交通省の動力車操縦者運転免許証を取得しなければなりません。

 免許取得の条件として、適性検査の合格、運転士養成所であるJR東日本の総合研修センターが行う入所試験、入所後の学科試験の合格、そして車両基地内での実技講習後の技能試験に合格して免許証が交付されます。

 JR東日本の総合研修センターでは学科試験に向けて約3週間、運転士になるための必要な知識を学習します。知識のない自分が講習についていけるか心配でしたが、同期生や講師の方々のサポートもあり、学科試験に合格する事ができました。実技講習では、運転技術、事故・異常時の対応や応急処置、車両点検技術を学ぶとともに、運転士としての心構えを学び、訓練を繰り返すことで、技能試験に合格できました。

 その後、先輩運転士とマンツーマンで運転技術、点検技術の更なる向上、仕事の流れを把握し、単独乗務に向けての指導をうけます。初めて一人で運転を行った時、嬉しい反面不安な気持ちもありましたが、今までのしっかりとした指導のおかげで、落ち着いた気持ちで乗務することができました。

img_tantousya_03-2

今まで一番印象に残っている仕事

 運転中の車両でブレーキに関係する問題が発生したことがありました。

こういう場合には、運行を管理するJR東日本の指令と無線で連絡を取り、自らの判断で問題を解決しなければなりません。この時は指令と打合せをして、的確に対処することができました。

 一人での運転で、初めて問題に直面し、それを乗り越えられたことが印象に残っています。そして自分の糧となりました。

img_tantousya_03-3

今後の目標

 まず目の前にある仕事を着実に行い、その積み重ねを大事にして、徐々に仕事の幅を広げ、構内の仕事に精通する運転士になりたいと思っています。そして構内運転士の先輩として、これから入社してくる方たちの良い手本となる社員を目指します。

 また、指導ができる人材になるために、構内運転業務に関する知識向上に励みたいと思います。

 

これから入社しようとしている人へ

 「まったく知識のない状態で電車の運転士になれるのか」、と不安に思われる方もたくさんおられると思います。私もそんな中の一人でした。しかも年齢が30歳を超えてのことでしたのでなおさらでした。

 しかし、多くの運転士を育ててきたJR東日本の教育体制と会社のサポート、そして経験豊富な指導者がいたので、そんな心配は杞憂でした。そして誰にでも活躍できるチャンスがあると思います。

 我こそはと思う方、ぜひチャレンジしてこのチャンスを掴み取ってください。

img_tantousya_03-4
​"to_top.gif"